不眠について・自律神経

今回は、不眠症・不眠についてお伝えします。

夜眠れない・寝つきが悪い・熟睡できないなどのお悩みはないでしょうか?

そんな時はどうしますか?

 

・病院に行く

・睡眠薬を飲む

・運動をする

・ストレッチをする

・寝る前のスマホを控える

 

などでしょうか!

これらすべて間違いではありません。

今すぐに始めたほうが良い事もあります。

 

カイロプラクティックの観点からお伝えします。

不眠の原因は自律神経にあると考えられます。

交感神経が優位になり過ぎ、眠くならないのが原因です。

それなら、副交感神経を優位にすればいいのか!?

正解であり不正解でもあります。

 

副交感神経を優位にするのは大切ですが、

交感神経の興奮を抑える事が重要になります

 

交感神経が興奮する原因として、筋肉の過緊張があります。

全身の筋肉、特に骨盤周りの筋肉を緩める必要があります。

特に反り腰の方、骨盤の横の筋肉の過緊張が見られる事が多く、

そこは特に交感神経が多い所になります。

 

反り腰を改善し交感神経の興奮を抑える必要があります。

 

もう一つ、神経的にみると、首の一番上の骨(第1頚椎)のズレ、神経圧迫を

なくす必要があります。

不眠の方をみていると、大体第1頚椎に制限がかかっています。

カイロプラクティック学では、第1頚椎のズレから、

頭痛・めまい・不眠・ヒステリー・うつなどに関わってくると考えられています。

 

不眠改善には第1頚椎をきちんと整える施術が必要になってきます。

 

当院に来られている方ですが、

10年以上の不眠の方、眠くなる感覚が10年はなかったそうです。

施術を続けていくうちに、10年以上なかった眠気が段々出てきたようです。

 

調子が悪くなると眠れなくなる方、毎回の事ですが、最後第1頚椎を整えると、

数日無かった眠気が出て来るようです。

 

私の個人的考えですが、

妊婦さんですが、ホルモンバランスによって、段々寝れなくなるようです。

あかちゃんが生まれてからの為に準備をしているそうです。

しかし、妊婦さんの身体を見ていると、お腹が大きくなっていくにつれ、

腰が前にいき、反り腰になってきます。

そこからガニ股になっていきます。

毎回妊婦さんを施術する度に、

この身体のバランスが不眠と全く関係ないとは思えませんが、、、

 

まー、不眠でお悩みの方は1度ご相談ください。

 

 

 

 

2022年04月02日